デリバリーヘルス・キャバクラ・ソープランド等・風俗のホームページ制作「SHOYA」ご利用規約

デリバリーヘルス・キャバクラ・ソープランド等・風俗のホームページ制作「SHOYA」トップページ
デリバリーヘルス・キャバクラ・ソープランド等・風俗のホームページ制作「SHOYA」SHOYAシステムとは
デリバリーヘルス・キャバクラ・ソープランド等・風俗のホームページ制作「SHOYA」サンプルページ
デリバリーヘルス・キャバクラ・ソープランド等・風俗のホームページ制作「SHOYA」制作の流れ
デリバリーヘルス・キャバクラ・ソープランド等・風俗のホームページ制作「SHOYA」料金プラン
デリバリーヘルス・キャバクラ・ソープランド等・風俗のホームページ制作「SHOYA」SEO対策
デリバリーヘルス・キャバクラ・ソープランド等・風俗のホームページ制作「SHOYA」その他業務
デリバリーヘルス・キャバクラ・ソープランド等・風俗のホームページ制作「SHOYA」お客様の声
デリバリーヘルス・キャバクラ・ソープランド等・風俗のホームページ制作「SHOYA」お問い合わせ
デリバリーヘルス・キャバクラ・ソープランド等・風俗のホームページ制作「SHOYA」リンク
デリバリーヘルス・キャバクラ・ソープランド等・風俗のホームページ制作「SHOYA」リンク
リンクについて
当ホームページでは
相互リンクして下さるサイト様を
随時募集しております。
風俗のホームページ制作「SHOYA(SHO-YA)」毎日の更新作業が簡単なSHOYAシステムが毎月二万円でご利用いただけます
相互リンクはこちらから
[SHOYA]ホームページサービス  ご利用規約
第1条(総則)
本規約は、当サイト運営者(以下「甲」という)がインターネット上で提供する「ホームページサービス」(以下本サービスという)の利用に関し、甲と使用申込者(以下「乙」という)との契約関係(以下「本契約」という)を定めるものである。

第2条(特約の適用)
甲が、乙のうち、特定の者と個別の特約を定めた場合、当事者間にて当該特約は本契約の一部を構成するものとし、本契約と当該特約が相違する場合には、当該特約を優先するものとする。

第3条(規約の変更)
甲は、乙への予告なく、また乙の事前承諾を得ることなく、本規約を変更することができる。この場合、本サービスの利用条件等は、変更後の本規約によるものとする。
なお、変更後の本規約は、甲のウェブ上のサイトに掲載されたときから効力を生ずるものとし、乙は甲に対し当該変更につき何ら異議を唱えないものとする。

第4条(利用の申込)
乙は、本規約、本サービスの内容及び甲が定める支払条件を確認し同意した上で、甲所定の申込フォームに入力し、甲宛に送達することで本サービスを申込むものとする。
但し、本サービスの使用を申込む契約者が、風俗営業許可を必要とする店舗である場合は、所轄の警察署から風俗営業許可を取得しているものとし、本契約締結時に、甲の求めに応じ、届出書および許可証の写しを提示しなければなりません。

第5条(申込の承諾)
前条記載の利用申込に対し、甲が承諾したときに甲乙間に契約関係が成立する。但し、甲は次の各号の一つに乙が該当するとみなした場合には、申込みを承諾しないことがある。また、契約成立後であっても、乙が次の各号の一つに該当することが判明した場合には、甲は契約を解除することができるものとする。
(1) 申込みに際し、虚偽の事項を通知したことが判明した場合
(2) 過去に本サービスの不正使用などにより契約の解除または利用停止を受けていることが判明した場合
(3) 申込みをした者が未成年者で、保護者の同意を得ていないことが判明した場合
(4) 前各号に準ずる場合の他、承諾によって甲の業務遂行に支障が生じると甲が判断した場合

第6条(利用開始の通知)
甲は申込み承諾後、本サービスを提供可能とする基本設定を行い、速やかに本サービス利用開始に関する通知及び支払条件その他必要事項を申込フォーム記載の乙の担当者メールアドレス宛に電子メールにて通知する。
2 前記通知により契約は成立し、本サービスの利用に関し甲に対する支払義務が乙に生じる。理由の如何を問わず、甲は支払条件に定めた金額について、乙からの減額または返金の求めに応じない。

第7条(甲から乙への通知)
甲は、次の各号に定める事由が生じたとき、その旨を乙に通知する。通知方法は、甲の判断によって内容をサイト上の適当な場所に掲載するか、または登録された乙の担当者宛に電子メールを送信することによって行う。なお、サイト上への掲載もしくは電子メールを発信した時点をもって乙に通知したものとみなし、そのときに効力を生じるものとする。ただし、次の第1号から5号の事由について、程度が軽微なものについては、甲は前記の通知を省略できる。
(1) 本規約の変更
(2) 提供するサービス、機能の変更
(3) テキスト、画像データその他コンテンツ等の削除
(4) 本サービスの利用を一時中止
(5) 本サービスの利用を停止
(6) 前各号の他、甲が乙に通知する必要を認める事項が生じた場合

第8条(利用料金の支払い)
乙は所定の期日までに本サービスの利用料金を所定の方法により甲に支払わなければならないものとする。
2 乙による甲に対する支払いが1日でも遅れた場合、甲は本契約を直ちに解除することができ、または本サービスの提供を直ちに停止することができる。
3 利用料金の支払いにおいて、甲の代理店が介在する場合、第1項の甲を代理店と読み替えるものとし、乙による代理店への支払いが1日でも遅れた場合、甲は、甲は本契約を直ちに解除することができ、または本サービスの提供を直ちに停止することができるものとする。
4 乙が代理店に支払った利用料金が、代理店から甲に対し納付されなかった場合、乙は代理店の責任は問える一方で、甲は乙の支払いがなかったものとみなすことができる。
乙が本サービスを継続利用するには、乙は甲に対し未払いとみなされた利用料金を甲に対し直接支払わなければならないものとする。

第9条(制作物)
乙は、甲が本サービスにて提供するコンテンツ等について、改変や新規制作を注文することができる。この場合、注文確認後、甲は乙に対し、制作料金、支払期限、所定日数について通知する。入金確認後、甲は制作に着手し、ウェブ上にて乙に対し納品するが、当該制作物が乙の意向に沿わない場合、申込プランに応じ再作成を行うものとする。但し、甲の責めに帰する事由による場合を除く。
なお、画像の発色や鮮明度等、軽微な差異については甲の責任範囲外とする。
2 前項記載の制作料金について、理由の如何を問わず、甲は減額、返金の求めに応じない。

第10条(権利の譲渡)
乙は、本サービス使用の権利その他本契約に基づく一切の権利を譲渡、再販、転貸、担保差入れその他形態を問わず処分することはできない。

第11条(変更の届出)
乙は、申込手続に従い入力した項目について変更があった場合、速やかにその旨を甲所定の方法により甲に届出なければならない。
甲は、変更届出があった場合は、第5条の規定に準じて取扱うものとする。

第12条(秘密保持・個人情報の取扱)
甲は、本サービスの提供に関して知り得た乙、乙に関する個人情報及び乙の顧客情報等を本サービスの提供以外の目的では使用しない。
但し、裁判所の発する令状に基づいて行われる捜査機関への情報の開示または捜査機関による通信の傍受の場合はこの限りではないものとする。

第13条(ID ・パスワードの管理)
乙が登録または甲が乙に付与したID 及びパスワードは、乙本人のみが使用することができる。
2 乙は、前項のID 及びパスワードの管理、使用について責任を負うものとし、第三者によりID 及びパスワードの不正使用等があった場合には、乙が一切の責任を負うものとする。
3 甲は乙の前2項に反する行為が判明した場合または甲が乙の行為が前2項に反する行為と判断した場合、事前の通知なしに乙のID 及びパスワードを使用停止にできる。また、緊急を要する場合、甲は乙の承諾なしにID及びパスワードを削除できるものとする。このとき、乙が本サービスを利用できず損害が発生しても、甲は一切の責任を負わない。

第14条(サービスの利用の一時中止)
甲は、次の場合には、本サービスの利用を一時中止することがある。
(1) 甲のシステムの保守を定期的にもしくは緊急に行う場合
(2) 甲の本サービス用設備の保守上または工事上やむを得ない場合
(3) 天災、事変、その他の非常事態が発生し、もしくは発生するおそれがある場合
(4) 甲が設置する電気通信設備の障害その他やむを得ない事由が生じた場合
(5) 甲が本サービス運用の全部または一部を中止することが望ましいと判断した場合
2 甲は前項に基づく本サービスの提供の中止によって生じた乙及び第三者の損害につき、一切の責任を負わないものとする。
3 乙は、弊サイト運営が、回線障害、サーバの故障等の、運営側の一方的都合により、運営不可能となった場合でも、何ら賠償を求めず、一切の請求も行わないものとします。
4 甲は、第1項の規定により本サービスの利用を中止するときは、あらかじめその旨を乙の担当者に原則として通知するものとするが、緊急やむを得ない場合は、この限りではない。

第15条(サービスの利用停止)
甲は、乙が次のいずれかに該当すると判断したときは、本サービスの利用を停止することができる。
(1) 第17条記載の禁止事項を行ったとき
(2) 第18条の著作権に関する規定に違反したとき
(3)乙が甲に対する支払を遅延したとき、または履行しないとき
(4) その他、本規約に違反したと認められる事由が生じたとき
2 甲は、前項の規定により本サービスの利用停止をするときは、あらかじめその理由、利用停止をする日及び期間を乙の担当者に原則として通知するものとするが、緊急やむを得ない場合は、この限りではない。

第16条(コンテンツ等の削除)
次の各号に定める事由が生じたと甲が認めたとき、甲は乙が本サービスを通じ掲載したコンテンツ等を削除することできる。このとき、甲は事前または事後に乙に対し通知を行うものとします。
(1)掲載内容が本規約に定める禁止行為、または本規約のいずれかの条項に違反すると甲が判断した場合
(2)その他甲が法律及び社会通念に従って当該情報を削除する必要があると合理的に判断した場合
2 乙が、オンライン上に掲載した情報に関する全ての責任は乙にあり、甲は前項に関して情報を監視・削除する義務を負うものではない為、甲が情報を削除しなかったことにより乙あるいは第三者が被った損害について、甲は一切責任を負わない。

第17条(禁止事項)
乙は、本サービスの利用にあたって以下の行為を行ってはならない。
(1) 甲または第三者の著作権及び知的財産権(意匠権、特許権、実用新案権、商標権、工業所有権等)を侵害する行為またはそのおそれのある行為
(2) 甲または第三者の財産、信用、名誉、プライバシー、肖像権、個人情報を侵害する行為またはそのおそれのある行為
(3) 甲または第三者の身体、生命、自由、名誉、財産等に対して害悪を加える旨の情報等を掲載する行為またはそのおそれのある行為
(4) 公序良俗に反する行為やそのおそれのある行為またはそれを助長する行為
(5) 援助交際・売春・買春等の勧誘行為またはそのおそれのある行為
(6) 未成年者にとって有害と認められる情報を掲載する行為またはそれらを助長する行為
(7) 法令に違反する行為や犯罪的行為、もしくはそのおそれのある行為、あるいはそれを幇助・勧誘する行為
(8) 本サービス及びその他甲が提供するサービスの運営を妨げる行為、もしくは甲の信用・名誉等を毀損する行為またはそのおそれのある行為
(9) 本サービスを通じて甲または第三者に不利益を与える行為またはそのおそれのある行為
(10) 本規約のいずれかの条項に違反する行為
(11) 前各号に準ずる行為
(12) その他、甲または第三者が不適切と判断する行為

第18条(著作権等)
本サービスにおいて甲が提供する全てのコンテンツ等の著作権及びその他の知的財産権は一体不可分・独占排他的(明らかに公知であるもの、乙が既有であったものを除く)なものとして甲に帰属するものであり、乙は本規約で許容された範囲内での利用権を甲により許諾されているに留まるものであることを、甲及び乙は確認同意する。なお、コンテンツ等とは、本サービスに係るテキスト、画像、デザイン、レイアウト、スクリプト等一切の情報を包含する。
2 甲は、本サービスにおいて提供するコンテンツ等全てについて著作権者として当然に複製、公衆送信、譲渡、貸与、改変等を行う一切の権利を有する。
3 甲が本サービスで提供されるコンテンツ等を使用する場合に、乙が提供した素材がコンテンツ等の一部を構成している場合があったとしても、乙は期間無制限にてその使用を許諾し、甲及び甲関係者に対し著作者人格権を行使しないものとする。
4 乙は、本サービスによって提供されるコンテンツ等を甲の承諾なく改変等行ってはならない。
5 乙は、本サービスによって提供されるコンテンツ等を甲の事前の承諾なく無断で本サービス以外の目的で使用してはならない。
6 乙が、本サービス外で販促活動、キャンペーンなどを行う場合に、本サービスで提供されたコンテンツ等を使用する場合、甲は異議唱える意向を持つものではないが、事前に甲の承諾を要するものとする。
7 前号において、本サービスで提供されるキャラクター等の特定制作物を販促グッズなど販売目的で使用する場合には、甲の承諾のみならず、別途協議のうえロイヤルティー契約を甲乙間にて締結するものとする。
8 乙は契約の継続中または終了後を問わず、甲の著作権及び知的財産権等を侵害した場合、甲が被った損害を賠償しなければならない。
9 本サービスを通じ乙と第三者との間で著作権及び知的財産権等に関し紛争が生じた場合には、すべて乙の責任と負担において解決するものとする。また、甲が、第三者に損害賠償等の支払いを余儀なくされた場合には、乙はその全額を甲に支払うとともに、その解決のために要した一切の諸経費を甲に支払う。
10 本サービスに関する甲の著作権及び知的財産権等が第三者により侵害されたことを発見した場合、甲は直ちに相手方に対しその旨通知し、その権利を保全するために必要な処置を講じ、乙はその責任の範囲内において甲に協力しなければならない。

第19条(乙による解除)
乙は、甲所定のオンライン上の書面を送達することにより、本契約を解除することができる。このとき、解除を届け出た日の当月分までの月額費用及び、解除時点で生じている未請求分を含む残債務一切を甲に対し直ちに履行しなければならない。
2 解除の際、乙は自己の責任において乙固有のデータのバックアップ等を行うものとし、甲は、解除後の乙固有のデータ保持に関して何ら関与せず、一切その責任を負わないものとする。
3 解除の際、乙は理由の如何を問わず支払済みの代金について返金請求は一切できないものとする。

第20条(甲による解除)
甲は、乙が以下のいずれかの事由に該当した場合には、何らの催告なしに本契約を解除するとともに、直ちに乙のコンテンツ等一切を削除することができる。
(1) 本規約等に違反したとき
(2) 手形または小切手の不渡りが発生したとき
(3) 差押え、仮差押え、仮処分その他の強制執行または滞納処分の申立てを受けたとき
(4) 破産、民事再生、会社更生、会社整理または特別清算の申立てがされたとき
(5) 前3号の他、乙の信用状態・財政状態に重大な変化が生じたと甲が判断したとき
(6) 解散または営業停止状態となったとき
(7) 連絡が取れなくなったとき
(8) 乙が業務運営について行政当局による注意または勧告を受けたとき
(9) 乙の業務運営が公序良俗に反しまたは本サービスにふさわしくないと甲が判断したとき
(10) 本項各号のいずれかに準ずる事由があると甲が判断したとき
(11) その他甲が乙へのサービス提供の継続が困難であると判断したとき
2 甲は、理由の如何を問わず、1ケ月前までにメールにて相手方に通知することにより本契約を解除することができる。
3 前2項により本契約が終了した場合、乙は終了日までの月額費用等残債務を日割計算にて直ちに支払うものとする。
4 第1項、第2項により本契約が終了した場合でも、甲は、乙に対し、設備投資・費用負担・支払済代金・逸失利益その他乙に生じた負担・損害について一切責任を負わないものとする。

第21条(免責事項)
天災事変、火災等によるサービス環境の障害、法令の変更その他甲の責に帰すべからざる事由による本サービス提供の遅延・中断・中止・停止・廃止について、甲は一切責任を負わない。
2 乙が掲載する内容についての全責任は乙に帰属し、当該内容について直接的にも間接的にも甲は一切責任を負わない。第三者または行政当局から甲に対しクレーム等があった場合には、当然に乙が自己の責任と負担において対応するものとする。
3 本サービスは、乙の希望・要望を全て満たすこと、完全無欠陥であることを保証するものではなく、装置、ソフトウェアまたはサーバー、通信網の瑕疵、障害、動作不良、不具合等によって乙に損害が発生したとしても、甲はいかなる責任も負わない。
4 本サービスの利用において乙固有のデータ等については、乙自らの責任において保管保存するものとする。したがって甲が必要と判断し乙の掲載データを消去した場合はもとより、甲の過失によって乙の掲載データが消去された場合であっても、甲はいかなる責任も負わない。
5 甲は本サービス提供において、(利用頻度等に基づく)甲の判断によって、基本サービスおよび基本機能を除き、附随サービスおよび附随機能等を変更または削除する場合があることを乙は承諾し、乙は減額もしくは返金請求を一切できないものとする。

第22条(SEO対策サービスについて)
1.甲は検索エンジンでの上位表示を目的とし、乙のウェブサイトのSEO対策サービスを行なうものであるが、必ずしも上位表示を確約し、また保証するものではないものとする。
2.SEO対策サービスは乙の検索エンジンでの上位表示を達成するための目的で行なわれるものであり、乙のアクセス数の向上や売上の向上を保証するものではないものとする。
3.乙はSEOサービスを利用してから検索エンジンの表示順位がSEOサービスを利用する前と比較して変動が行われ、表示順位が下位になったとしても甲はこのことによって乙に生じた損害について一切の責任を負わないものとする。

第23条(損害賠償)
甲は、乙に対し、本サービスの利用により発生した一切の損害について、間接的・直接的を問わずいかなる損害賠償義務も負わない。
2 甲が乙の掲載したコンテンツ等を削除し、もしくは乙の利用を中止、停止、中断し、または乙の登録を抹消したことにつき、乙に損害が生じたとしても、甲は事由の如何を問わず一切の損害賠償義務を負わない。
3 乙が本サービスの利用によって第三者に対して損害を与えた場合、乙は自己の責任と費用をもって解決しなければならない。甲が第三者から責任を追及され何らかの防御費用等を支出したときは、乙は直ちに甲が支出した費用及び甲が被った損害額相当を補償しなければならないものとする。
4 乙が本規約に反した行為、または不正もしくは違法な行為によって甲に損害を与えた場合、甲は乙に対し損害賠償の請求を行うことができる。

第24条(各条項の分離的効力)
本規約の何れかの条項が適用不能または無効とされた場合においても、当該条項を除く他の条項には何らの影響や支障が生じるものではなく、他の条項は継続して完全な効力を有するものとする。

第25条(協議事項)
本規約に定めのない事項に関して疑義を生じた場合には、関係法令、商習慣等によるほか甲乙協議の上、信義誠実の原則に基づき円満に解決を図るものとする。

第26条(準拠法・合意管轄裁判所)
本規約は日本法に基づき解釈されるものとし、甲乙間で訴訟の必要を生じた場合は、甲が指定する裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。
トップページ | SHO-YAシステムとは | サンプル | 制作の流れ | 料金プラン | SEO対策 | その他 | お客様の声 | お問い合わせ | リンク | 御利用規約
Copyright(C)2009 風俗のホームページ制作・SHOYAsho-ya All Rights Reserved